いやー!実に面白かった!面白かったよ逆転裁判6!

想像を超えてきた!よかった!!!

20日ほど前、逆転裁判6が届いたときの心境のブログを書きました。

逆転裁判6が届いたのだけど、
http://masked-tk.blog.jp/archives/1058288399.html

これなのですが、この時の「不安」は逆転裁判6が先ほど終わった時にはスッキリ無くなるほどの安心の見事なエンディングを迎えることができました!

ここから下は壮大なネタバレを含むので、まだ未プレイの方は見ないほうがいいぜマスクドターキーです。



逆転裁判シリーズをやっていない人にとっては意味の分からない記事だと思うのでスルーしちゃってください。





唯一心残りだったのは、



結局霊媒師は始祖様を霊媒しなかったこと。

個人的にね。残念ねー。



「始祖様の本名がわかっている人」と「霊媒できる人」の両方を満たすのは「アマラ」のみということになるので、

言い伝え通りに大いなる霊力を授かることなく終わってしまった、というのだけがちょっと残念。



とはいえ、



エンディングでちょっとだけ成歩堂弁護士としゃべっていたホースケの母親のちょっとだけの再登場は、

逆転裁判4のエンディングでのまさか「おおおおお!」とつながって凄く楽しみになった!



「逆転裁判7」があるなら、主人公は成歩堂・王泥喜の次の世代で、

・・・、



ホースケとレイファの子が弁護士になって日本に来た、的な感じかな(笑)!

「御霊の託宣」は今後のシリーズも継承したいし。レイファかレイファの子じゃないとダメだろうし!



っていう。



で、○○○ア(ホースケの母)さんも大いに絡むでしょうし。もちろんみぬきちゃんも。



とにかくクラインと倉院はアクセントも一緒だから文字がないと混乱しただろうなぁ、と思う法廷の空気よ(どうでもいい)。

非常にスッキリ。

なかなかボリュームのある逆転裁判6、楽しませて頂きました。

レイファかわいいなぁー、なんて思って検索したら、

1



え!

パズドラとコラボなんてしてたのか!