ありがたいことに当ブログは多数のお笑いファンの方が見てくれていることもあり、

賞レースの前になるとガガガッとアクセス数が増えます。

例えばR-1準決勝レポなんて毎年毎日誰かが見てくれている様子で。

今年はキングオブコントの準決勝は見に行けませんでしたが、

行かなくて良かったとも思えるマスクドターキーです。TBSめー。



というのも、



今年のキングオブコントの決勝、ファイナリスト10組は、

なんと生放送のその時に発表とのこと。



・・・、



誰が得するのこのシステム・・・?



正直視聴者を無視した全くもって面白くないシステムです。

メリットを一つだけ挙げるとするならば、

毎年あった夜19時から1時間の『過去のキングオブコントを振り返る事前番組が無くなった』こと。

3時間ガッツリコントを放送している様子なので、ここだけは嬉しい。



ただ当日発表のデメリット多過ぎ。

1

審査員の松本人志→決勝出場者を知らない。

決勝進出者→自分が決勝行くことを知っている(さらば青春の光談)

ということなので、

受かった落ちたを全く告知出来ない芸人さん達のメンタル部分がかわいそう。

なんだよこのシステム。人狼かよー。



視聴者置いてけぼり。

芸人さんの心も視聴者も無視したシステム。大反対です。

せっかくようやくキングオブコントの審査システムが固定され始めたと思ったのに、またこんな・・・。



準決勝の出来で忖度なく結果を発表するのが筋だと思われます。

「準決勝でスベったけど決勝へ行く人のはおかしい!」

と準決勝を見に行った人の声を封殺する悪いシステム。



その点R-1は準決勝のウケ方で、当日1.2時間後すぐの発表で凄く良い。



なので、



準決勝を見に行ってたら、決勝進出者にモヤモヤしただろうから、見に行かなくて良かった、という結論に。

若手お笑い芸人の人生を何だと思ってるんだ!使い捨てじゃないんだぞ!と多少憤慨しております。



いよいよ今週末に決勝生放送なのに、

自称お笑い評論家(バカ)の私が、これほどまでにドキドキしないのも珍しいです。



TBSに不信感を抱いている今日この頃。



そんなことより、



芸人さんが全組が力を出し切って、TBSのつまらなくしちゃった演出をぶっ飛ばして、

とんでもなく面白いものを見せてくれることに期待をしております。