前澤さんとか何も悪い事していないのに叩かれる、

なかなかこの風潮は肌に合わないマスクドターキーです。

ランダムではなく応援したい人に100万円当てたっぽいので、凄く尊敬!



で、



友人が出演するシェイクスピアシアターの『間違いの喜劇』を見てきました。

いやー、本当に良かった!

最近の映画とか舞台とかばっかり見ていたので、

『シェイクスピア』

って聞くだけでちょっと委縮してしまうんですよ。「堅苦しい感」がある現代人。



ところがどっこい違った。



なんだろうか、凄く面白かった!(語彙力ナシ)

原点に返った感じ。落語を見ている感じ。

M-1で言ったらジャルジャルの『国名分けっこ』のよう。

流れるようにスムーズでセリフも多過ぎて早口で、演技力とか表現力とか飛び越えた先にいるような空間時間でした。

たまにはこういったお芝居も見なきゃ!と思わされた充実の1日でした。



が!



実はそうもいかない事も。

舞台ってさ、やっぱりそれなりのルールがあると思うんです。

もちろんアナウンスされるんです。音の出る機器等の電源は切ってね!的な。

私の席は端っこだったのですが、ちょうど舞台に向かって真っすぐの斜め前の席の人が、



とんがりニット帽!!!



いやいや、さすがにちょっと見えにくいわ。

ニット帽の先端にポンポンみたいなのが付いてたら注意しようと思ったのですが、付いてないし、

そもそもヘタレなので、

「帽子取ってください」

なんて言えないし、

開演3分前くらいにスッて帽子に手をかけたから「取るかな?」って思ったら、

・・・、



「深く被るんかい!!!」



凹みました。

つまりね、

IMG_2542

この舞台がね、

IMG_2543

こうなっちゃって、

頭部にコンプレックスを持っているのかなぁ、だったら言えないなぁ、とか考えてたら、

アッという間の2時間でした(ちくしょう)!



また呼ばれたら行きます。頑張っている人は応援しないといけない!頑張れ柚ちゃん!