予告編をいっぱい見た気がしたのですが、見に行くかどうかで迷っていたところ、

姪っ子ココちゃん(小2)「いく!」

という一言で、一緒に見に行くことに。

1

結果論、



凄く良い映画でした!

改めて、「見に行って良かった!」と思う次第マスクドターキーです。



というのも、



予告編で何となくのストーリーってわかるじゃないですか。



違った。



自分が山ほど見たこの映画の予告編から勝手に想像した内容と。



私は「学生時代の自分」と「大人になってから自分」を照らし合わせて共感。

姪っ子はとにかく、



「4かいないた!」



と言っていました。



私も最後のスタッフロールで泣きました。初めてかもこのパターン。



そして主人公のベース少女に共感するであろう女子高生にもターゲットが行く。

なぜもっと話題にならないんだろうか。天気の子と肩を並べるくらい良い映画なのに!

と、

見るか迷っていた私が言う資格はないのですが。



迷っている人がいるなら、行くべき。

30~40代の人も、刺さります。グッと。



眉毛太い女子に現実でもグッときます(うるさい)。