ターキークエスト

キャストパワーネクスト所属。ただの日記です。
お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マン・モンスト・DMMバヌーシーなど。
興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

お笑い。

ダウンタウンとウッチャンナンチャンととんねるずのものだった気がする。

平成元年からずっとお笑いを見てきた自分として、やっぱりそう思う。

仮面ノリダーが始まったのが私が小5か小6の時だったし、



これを見るために夜中まで起きてたり。

ウンナンはホント見た目が変わらないなぁ・・・。

お笑い眼はたぶん日本人の上位2%に入っていると思うマスクドターキーです。



何が言いたいかって、



『賞レースの意義』ね。



笑いで競わせたりすることも、もちろん切磋琢磨することは凄く大事過ぎてそうなんだけど、



「こういう面白いやつがいるんだぞ!」



って今は情報過多すぎるから、どうしても面白いのに埋もれる人が出てくる。

まぁ本当に面白い人は自力でも出てくると思うのですが、

M-1で優勝しようが、何かしらで優勝しようが、



冠番組を持っている人はいまだに最初に挙げた3組だったりした訳で、平成は。

あとはナインティナインとか、めちゃイケ。



今お笑い番組って無いんですよ。



令和初期には、

ダウンタウンにとって代わるくらいの勢いの誰かが出て来てくれないと、お笑い界が廃る気がします。

仮面ノリダーやマモーミモーとか、

何かこう一世を風靡する若手が出てくる事に期待したい今日この頃。



賞レース覇者として、霜降り明星が全てのMCを務めるくらい頑張ってほしいと思ってます。



今日ばかりはいつものフラフラした日記ではなく、愛するR-1ぐらんぷりに関して。

お笑い好きじゃないとここから下は見てもわからないと思いますマスクドターキーです。



で、



落とされたキートンさんがR-1運営に刃を向くところ、

凄く分かります。

キートン「意図的に落とされた」R1運営に怒り爆発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464159-nksports-ent

本当に良く分かります。



結論から言ってしまえば、

審査員が全部悪い。

んです。審査員が誰かも、どういう目線かも公にされてないから。

M-1決勝の審査員とは違って、本当に例年R-1は予選の審査員のお気楽さが見て取れるのです。



出番順とか運ももちろん絡んでくるのですが、

キートンさんくらいベテランさんになると、ウケたかスベったかなんて完全に分かった上での運営批判。カッコいい!

舞台は生モノなんです、いくら面白いと言われている人も、その日面白かったら受かるし、その日スベったら落ちるシステムである「べき」なのです。



R-1ではそういう人を何人も見てきました。本当におかしい。毎年。

具体例を挙げればキリがないのですが、

逆のパターンがあります。



2015年の事です。2回戦か3回戦の結果発表後。

「バカクソウケたのになぁ・・・。」

と本人もつぶやいていて、私も人生で初めて椅子から転げ落ちるくらい笑って、

その人関連のツイートも、謎の落選、と話題になって、



翌年、リベンジして優勝してくれた、



ハリウッドザコシショウさんがいます。



キートンさんも数年に一回何かと話題になるので、

腐らずにリベンジしてくれることを、もしくはR-1以外のところでしっかり売れてくれることを願ってます。



応援してます!

あなたは正しい!



↑このページのトップヘ