ターキークエスト

ただの日記です。 お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マンなど。 興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

名探偵コナン。

なんということでしょう。5皿で一回出てくる景品のために、普段あまりご飯を食べない甥っ子レンくん姪っ子ココちゃんが大爆発!

image

コラボの経済効果恐るべしマスクドターキーです。

おしゃべりばかりでご飯が進まずに怒られたりする甥っ子姪っ子が、

しゃべるけど食べるので全くもって問題ないぜ!好きなもの好きなだけ食べるんだ!



で、



先日開けるのがもったいないと思っていた名探偵コナンの百人一首を開けて、やってみた。

1


ルールを教えます。

「いつもやっているドラえもんかるたとは違うよ!」
「私が読むから、下の句を取るんだよ!」
「田子の浦にうちいでてみればしろたへの・・・、」

レンくん「た・た・た・・・、」

私「たじゃない!まだ!」



これの繰り返し、人の話を全然聞かないなぁ・・・。

最近コナンショップ云々を書いたばかりですが、昨日公開された映画版コナンをさっそく甥っ子姪っ子と見てきました。

行けるうちに行っておこうマスクドターキーです。

1

なおここから下はネタバレ的なものになるので、まだこれから映画館で見る予定の人は見ないように!



・・・で、



蘭姉ちゃん・灰原さんの出番はあまりなく、黒の組織や赤井さん安室さんは全く出ていない。

謎解き要素みたいなものもあまりなく、

子供の頃の思い違い聞き間違い、大人の思い違い勘違い早とちり、

で事件が起こる、全て終わってから全ての真相が分かるいつもの名探偵コナンであるとともに、

スポットの当たっている平次と和葉と、今回のヒロイン(?)紅葉の三角関係恋愛映画でもあったりする。

しかも百人一首の内容とか、ちょっと大人でも難しめな要素もありつつ、

後から考えると奥深く、

「スタッフロールのあとの5分間くらい」のエンディングを見ないで帰ると大変なことになる。

最後に流れた子供の頃の平次のセリフの真相で、紅葉の人生が大変なことになっていた訳で。



それにしても京都弁女子って、萌えるわぁ・・・。



女子高生らしき女の子「もう一回見る!」



と言っていた通り、なるほど最初の被害者と加害者なんて忘れるような最後の展開。



今年の映画の「何が良い点」かって、



初めて「名探偵コナン」を見た人でも分かるストーリーだった。



ってところにあったと思いました。普通の映画として見れる感覚。

むしろ大人がフラッと見てもいける内容。1年後に金曜ロードショーでテレビ放送されたら、そこそこの人が魅入っちゃうだろうと思うのです。



うん、確かに分かったうえでもう一回見たいかも。わかっているけど。

女子が平次にキュンと来る理由もわかった。私目線でもカッコよかった。



コナンファンでも、そうでなくてもおススメです。むしろ名探偵コナンをあまり見ていない人ほど入っていけちゃうかもしれません。

先ほどちょこっと出た赤井さん安室さんを知らない人ほどいい。コナンファンなら知っているか・・・。



また来年劇場版を見るけれど、それまでにオリジナルのストーリーが進展しているのかが謎ですね。

↑このページのトップヘ