ターキークエスト

ただの日記です。
お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マン・モンスト・DMMバヌーシーなど。
興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

私生活。

甥っ子レンくん(7歳)「けがに、っていつも怪我してるから毛ガニなんでしょ!?」

ちょっと良く分からなかったマスクドターキーです。



話はガガガッと変わりまして、

九州の醤油って甘いじゃないですか。

母が九州(屋久島だけど)なので、いろいろな味付けも甘い醤油なので、

小さい頃に良く行った鹿児島関連のものがお刺身すら甘くなるわけですが、

九州の人にとってみればそれが当たり前であるとは思うのですが、

これって九州全土のことなんですかね?甘いのって。

なかなかのカルチャーショック。

旅行とかもあまりしないので、九州にも20年以上行ってない。

水曜どうでしょう好きなので、博多号(新宿博多間の深夜バス)に乗ってみたいという憧れ。今もあるんですかね?なんか変わったんですっけ。



で、話はガガガッと戻りまして、



歌舞伎町にある餃子のお店に行ってきたのですが、

餃子と馬刺しがメインで、馬刺しのお刺身が甘いわけです。

甘いお醤油がテーブルにあり、

アツアツの餃子が運ばれてきた時、

甘い醤油にすりおろしてある餃子の皿についていたにんにくを溶かし、

食べてみた。



カルチャーショックですよ。



甘い醤油と餃子って、泣くほど美味しい。



でもそれが九州の人は当たり前なのかと思うと、不思議な気分。



で、



例えば笑いにうるさい大阪の人を笑わせてこそ面白いのではないか、とか思った餃子飲み会。

だからと言って東京の芸人さんが、塩っ気のきいたお醤油で笑わせるのにも命かけているし、



ちょっと良く変わらないたとえで申し訳ないのですが、



日本全国から選ばれたものを見たり食べたり目の当たりにする、っていう視野の広さをもっと身につけたいなぁー。とか。難しいけど。



全くまとまりのない文章ですが、ニュアンスが伝わってくれればうれしいなぁ。

九州の甘い醤油で餃子を食べて、北海道のものも食べたい気分になる感覚。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はキン肉マンがお休みなのでおとなしめマスクドターキーです。

週の楽しみがないと多少凹みます。



で、



実は高校在学中から頭髪には悩まされてまして、

それから倍以上生きた今でも、なかなか悩んでいます。

しかしここ1年寝起きに髪の毛が落ちる量が減った、むしろ抜けてない!

と。

何故だ。



考えられる原因としては、なんてことない理由だった。



私長風呂が好きなんですよ。

で、風呂場にスマホや3DSとか充電マックスから1ケタになるまでゲームしたりするわけですよ。4時間とか。

昔から。

マンガとか本とか、たまに食事まで。



その後、



もちろん毎日シャンプーしてスッキリして頭わちゃわちゃタオルで拭いて出た後、



このタイミングで、



ここ1年髪を乾かすようになっただけ。

ドライヤーなんて使わず、



くしを通すだけのことだった!



と、思っています。



ただの不摂生です。タオルで拭ききれないでちょっとベチャってなっていたような生活をしていた気がしますが、

髪に空気を送り込んで早く乾けばよかったのだ、という個人的見解。(医学的根拠はありません)

今では布団の後頭部の部分をコロコロでコロコロしなくなりました。



両親ともに髪の毛はそこそこあるし、

ただ「両親の両親はことごとくハゲていた」ので、隔世遺伝とかあるかもだけど、



「そんなものは信じないぞ!」



と思って遺伝に逆らって、反骨精神を持ったまま(ただの意地)これからも生きていこうと思います。



だから花粉症も医者にはいかず、花粉に勝つ気持ちで・・・。

へーちょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ