ターキークエスト

キャストパワーネクスト所属。ただの日記です。
お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マン・モンスト・DMMバヌーシーなど。
興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

賞レース。

昭和のいるこいる・平成ノブシコブシ・平成女学院のように、

新しい元号を来年から屋号として付けて活動するコンビが多数いると思われる今日この頃。

私も来年コンビを組んだらそうして、同じ屋号を集めてライブをしたいと思う野望。

もしかしたら平成の次の元号は

『明星』

かもしれませんね。

今年のM-1グランプリも最高にドラマでした総決算でした。泣いたぜマスクドターキーです。



で、



3点、『敗者復活戦』『本選』『審査員』について語りたいと思うところ。



『敗者復活戦』
さらば青春の光が「今年1番のネタを作る!」って言っていたのに、それ過去でやらなかったっけ?というネタバレネタで挑んできたのが残念。

今年から敗者復活戦のルールが変わり、準決勝の順位が低かった方からネタ披露、ではなくなりまして、敗者復活戦も、ネタ順はくじ引きになりました。

準決勝の出来はフラットに、ここも運が試されることに。

とはいえネタ順っで最初の方だった『たくろう』が最後の方まで残ったのは自力。来年たくろうは決勝まで上がって来ると思ってます。

で、

「ミキ」か「プラス・マイナス」かってなった時、

金光さんに陣内さんがオール巨人んさんのモノマネを振った時に、それをやらなかったのは、

決勝行った時のツカミが、オール巨人師匠のモノマネだったからだということです。

M-1放送終了後の生配信カジサックチャンネル(キングコング梶原さんのチャンネル)で語ってくれました。



今後のプラスマイナスの動向にも期待です。



『本選』
「霜降り明星」は文句なし。おそらく1本目は新ネタ。私が見たことが全くないネタでの1位通過。これはもう完全に実力!
2本目は今まで彼らが出た賞レースやテレビで披露し続けてきたネタの詰め合わせ。逆に見たことある面白いところを集めた感じ。素晴らしかったです!
「和牛」は毎年優勝できないのは、漫才師の一つ上の、芸人として、テレビとして売れるか否かのところだと個人的に踏んでいます。
ただ和牛の1本目も2本目も見たことがなかった。ネタの宝庫。完全に漫才師としてはもう100点に近いんじゃないか、と。数年以内の優勝は見えているかもしれません。
「ジャルジャル」はごめんなさい、私情が入ります。
『国名分けっこ』のネタで来ることも最終決戦へ行くことも正直想定済みでした。子供でも大人でも面白いネタで、去年の彼らのピンポンパンゲームのようにマネできないようなネタではなく、非常に分かりやすいもの。流行るかもしれない、国名分けっこ。
2本目は、もう数年前からやっているジャルジャルあいさつネタ。ただ2年くらい前から見ていた「ジャルジャルでーす!ネタ」から三分の一は新しく変わっていました。どうしてもやりたかったんだろうなぁ、このネタ。
ラストイヤー芸人さんすべての思いを背負っての意地の最終決戦。本当にジャルジャルには15年感動させられ続けてきたので、感謝しかない。おつかれさまでございました。やりきったんじゃないかな・・・。
「ミキ」は敗者復活からの4位。やっぱりお兄ちゃん好きだわぁ・・・。
逆にライブとか時間の決まっていない劇場だとあまりスピード感を感じないので、
賞レースのミキは死ぬほど大好きです。ミキも数年以内の優勝候補であることは間違いないと思ってます。賛否両論あるけどね。
お兄ちゃんがうるさいから嫌い、と私にリプを飛ばしてきた人がいますが、一生懸命頑張っている人にそれはない。あなたの方が500倍うるさいわ。
「かまいたち」はタイムマシン×ポイントカードの発想が秀逸。それで4分全部持っていくのですから、正直最終決戦もあったのですが、他のレベルも高かった!
これは順番の妙としか言いようがないかもしれません。完璧に近い漫才だと思いました。凄い。
「トム・ブラウン」は、いやー!!!いやいやいやいやいやいや!!!!!
完全にやられました。参りました。凄かったです。大絶賛です!!!
漫才とかコントの世界での設定ではナシナシ(現実味も無くファンタジー)の設定なのですが、
サザエさんって現実味が逆にあって、身近。それでいて有名芸能人を山ほど織り交ぜるという新しいテンプレート。
中島君を5人合体させてもどうにもならないよ!ってところからこう来るとはもう、ジャルジャルにはごめんですが、一番笑いました!
ただ審査員の言葉も的確で、
「もう決勝はないかなー。」とも思える不思議さ。独特でしたねぇ・・・。
「スーパーマラドーナ」は、例年の爆発力とオチの秀逸さは影を潜め、
なんやったらツカミの15秒は過去のM-1と全く同じ(「この言葉がトラウマです」っていうくだりまで)だったのは何故だ・・・。
ドアを閉めるあたりは凄く面白かったのが、そこから大きく盛り上がることも無く、オチも唐突に。
怖かったですねぇ・・・。
「ギャロップ」は、あれ?いつボケとツッコミが逆になったの?っていうイメージ。禿の林さんがボケだと思っていた先入観が邪魔してきたかもしれません。ツカミも無く平坦で終わってしまいました。
「見取り図」は、これまた彼らの今までのネタのウケたところ詰め合わせ的なやつ。今までの敗者復活戦で見たことがあるくだりもありましたし。
ただ全体的に見て、トップバッターということもあり、まったくネタをそこ(あたおか=頭おかしい)以外思い出せない自分がいます。M-1の空気に飲み込まれた感。跳ね返せなかった感。
「ゆにばーす」は噛んでしまったところによる序盤のツカミの失敗が大きく響くことに。
ツイッターでもトガりまくりの川瀬くん、残念だけどあんなに噛んだらそれはビッグマウスになっちゃったよ・・・。
ボケも単発単発で2年連続の最下位とは無念。ですが今年は順番でもなく自分のせいだとしっかり認識してリベンジしてほしいところです。(去年はトップバッター)



で、



『審査員の審査』

今年は審査員がまた個性的。とにかく立川志らくさんの審査が的確で凄く好印象。談志師匠が過去に、
「下ネタは嫌いなんだよ」
とバッサリスピードワゴンをぶった切ったのを思い出しました。
巨人師匠もスベッたスーパーマラドーナには身内だけど辛口での評価。
そして上沼恵美子さんは吉本芸人に高得点を付けまくっていた西川きよしさん枠としての存在感(笑)。

ただね、

それが今年は良かったと思うのです。個人個人の趣味や嗜好で点数が7人割れまくる大会。

それこそが真の賞レースだと思うし、今年は過去にないくらいの票の割れ方、点数の付き方。素晴らしい・・・。
顔である松本人志さん・審査員に命をかけているオール巨人さん・今の漫才師もしっかり理解している立川志らくさんは来年も審査員を続投してほしいと思います。

残りの4名(富澤さん・塙さん・礼二さん・上沼さん)はちょっと空気を読み過ぎていた感。上沼さんはアレでしたが。



というわけで、

DtahznqVsAIZYud

真の勝者の霜降り明星には、心からおめでとうと祝ってあげたい。

R-1も大好きな私からするとより一層そう思います。



また来年も新しいドラマと感動とスターが出てきてくれることを祈って・・・。

とんでもなく良い日でした。



だいぶ寒くなってきたのに、

ハロウィンとかいろいろ変更する時期はあっただろうに、

ポケモンGOの起動画像が、

IMG_2418

夏っぽいのは運営のやる気のせいだと思えてくるマスクドターキーです。

ここの画像の担当者を一人、任天堂さん入れよう!



で、



今日ばかりはこの日に書ける全ての人を応援する日。

M-1グランプリ決勝です。



個人的に応援しているのはジャルジャル。

話せば長くなりますが、



福徳くん「漫才師なのだからお客さんを笑わせなきゃいけないのに、去年のネタ終わって結果が出た後に泣いてしまったことを後悔している。(概要)」



みたいなことを先日何かで言っていて、



「いやいやいや!一生懸命そこの向かって頑張ってきてああいう結果になった訳で、そこは誰も責めてないし、その涙に私も泣くほど感動したぜ!」

って思ったわけです。ピンポンパンゲームのあとの話。最高に面白かった。



ラストイヤーの今年、あれを超えるネタができるのか、と思って見てたら2回戦あたりでなんかそうでもなくて、

でも、

3回戦準決勝が、驚くほど面白くて流行りそうで、



正直『最終決戦までは行ける!』と踏んでいます。



話は変わって、



M-1一回戦落ちたから解散する・辞める、

なんていう芸人が周りにいっぱいいます。いました。

辞めるも続けるも地獄かもしれないし、逆に天国かもしれない。

漫才が楽しければ、頑張って続けていればいいし、

何か仕事しながら50歳になってもずっとライブで頑張っている人もいる。



笑いって人を幸せにさせる非常に人生で大事なこと。



こういった大会が開催されること、運営している側にも感謝。



ただ、



R-1ぐらんぷり(ピンの方)が今年から、アマチュア素人は出場が禁止になりました。

プロで事務所に所属しないと出れないことになりました。



こればかりはいただけない。

去年優勝した盲目の濱田祐太郎君も、アマチュアで出場し続けて優勝までしたのに。

R-1目指して頑張っている学生等18歳未満の夢は閉ざされました。

これは正直フジテレビを非難したいと思います。



話が横道に逸れましたが、



今日の夜のM-1の決勝、骨の髄まで楽しもうと思います。

M-1はドラマ。M-1は青春です。



↑このページのトップヘ