ターキークエスト

お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マン・モンスト・DMMバヌーシーなど。
興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

賞レース。

いよいよ明日に迫った決勝前夜。

今までのブロック制・各審査員3ポイント制ではなく、

M-1やキングオブコント同様に純粋に採点制にルール改正。

ただその一発のネタの順位だけなのか?

上位3人が最終決戦に行くのか?などは発表されていません。

なので、



上記記事の内容通り、『準決勝で勝ち上がったネタで』『出演順』も考慮して、

ズバリ優勝者を予想して以降のコーナーです。

明日以降にお楽しみをとっておきたい方は、さっきの記事とここから下は読まないでくださいねマスクドターキーです。



で、



1.『敗者復活枠』
残念ながら誰もトップバッターを選ばなかったファイナリストが賢く感じます。
非常に個性豊かな9人が控えているので、残念ながら会場を温める意味でも、
トップバッターの優勝の可能性と点数は低くなります。点数制ですし。
去年同様のブロック制ならまだ可能性があった。
90点か91点×7人で632点くらいに落ち着きそう。

2.ZAZY(以下敬称略)
ここでとんでもない化け物が出てきます。敗者復活者を食う爆発力があります。
正直今まで見たネタで好きなものは無かったのですが、準決勝では死ぬほど面白かったです!
この2人で、
「ヤバい!今年のR-1グランプリレベル高い!!!」
ってなるでしょう。なってほしい!
審査員泣かせです。
94点か95点×7人で660点くらいと予想。

3.土屋
ここで多分いったん落ち着いてしまうのではないかと思います。
凄く面白かったし独特の世界でバツグンに面白かったのですが、
審査員ウケと、あとオチが弱くて評価は下がりそう。
審査員がアラフィフ以上だったらもっとウケるかもしれませんが、最後そのままだったらそうはいかないかな、と。
92点×7人で644点前後と予想。ZAZYさんがここではウケすぎている感が残っていると思います。

4.森本サイダー
アッと驚く展開を見せるネタ運び。
あーそうそう!ってなりつつ笑えてしまうネタだった・・・、
のですが!
爆発するところがネタの中盤に固まっています。それを持続させられるか。
おそらく失速してしまうであろう感じのネタだったので、ZAZYと土屋(敬称略が申し訳なく感じる)の間をとろうと審査員は感じると思います。
93点×7人で651点当たりと予想。

5.吉住
前半で細かく、中盤の展開で驚きと爆笑、そして後半まで詰め込み!完璧なネタでした。
流石の女王の貫録。ビックリします!
ファンタジー色も強めなので若い層にもスッと入ってくると思いますし、視聴者も納得。
多分96点か97点×7人で675点くらいと予想。

6.寺田寛明
ここも完璧で、導入から最後までしっかり無駄のない計算された文系ネタ(ややこしい)。
要するにあるあるネタなのですが、そんな単純なものじゃなく。
ただ順番的に吉住さんを超えられるかどうかと比較されると、ちょっと分が悪い。
95点×7人で665点前後と予想。十分凄いんですけれどもね。

7.かが屋賀屋
おそらく日本の1人コント師の教科書に載るような、まさに1人コントの設定と、面白さと、上手さ。全部兼ね備えたネタ。
しかしながら、言い方を変えてしまうと「王道過ぎる」というスタンダードさ。
出来れば前半の方が良かったかと思えます。アクの強い人たちの後に王道はちょっと不利。
93点か94点×7人で653点あたりと予想します。

8.kento fukaya
ここで日本のフリップ芸の最高峰が来ます。
見た事の無いようなものの連発かつマシンガントーク!
ここでガッと会場が盛り返すと思います。
むしろ優勝に近いかもしれません。97点×7人で680点以上と予想。

9.高田ぽる子
どういう発想でそうなったんだ女の子なのに!色々捨ててるな!という覚悟か見えます。
ただ個人的には引いちゃってしまったので、そんなに点が高くなることは無いかな、と。
久本雅美さんなら100点入れていたかもしれない、という事だけお伝えします。
91点×7で637点くらいと予想。

10.ゆりやんレトリィバァ
今までゆりやんのネタとは毛色が違う、新境地。
ボケなのかツッコミなのか分からない、痩せてから新たに生まれたであろうネタ。いや太っていても変わらず同じネタ出来るんですけどね。
ただこれもかが屋賀屋と同じく、王道寄りのネタで、大爆笑にはつながらない予感。
93点×7の950点くらいに留まると予想します。



よって、

1位・kento fukaya
2位・吉住
3位・寺田寛明

さんとなりました。

もし最終決戦で2本目のネタがあるのであれば、全く違ったネタが出来る吉住さんに分があります。2冠かもしれない。

こればっかりは運もあります。ZAZYが後半ならZAZYもあったでしょう。



明日をお楽しみに!個人的見解はこの辺で!

1



このエントリーをはてなブックマークに追加

R-1グランプリ準決勝、有楽町朝日ホールでの現地レポです

今年は色々変更だらけ。

ブロック制ではなく点数制に変更になったと。なるほどー。

今年は東京に準決勝が戻ってきたので、久々に書けます。



今年はコロナ禍の中、

IMG_5038

会場入り口では消毒、そしてチケットの半券に連絡先を記入の上での入場。

半券に書いていなかった人は、記入用紙があって、別途それに座席等を書く仕様。最近は舞台もスポーツもみんなそう。

今年はネタ順が全く分からず、投票用紙も無し。つまり後述のはりけ~んずさんの呼び込み以外に知る由はありません。

私と同じく、メモを取る人もそこそこいました。

私はP列という後ろ目の方だったので、笑い声とか、客席のみなさんの頭とか方の動きで全体を見ることが出来たのは副産物。



ネタバレになるので決勝進出者のネタはここには書かないようにしようと思ったのですが、

今年は配信もあって有料でしたが誰でも生で見れたので、ならばそれも今年からは書いて行っちゃおうマスクドターキーです。

という訳で、決勝放送の日まで楽しみに待っている人は、ここから下は見ないでください。





で、



今年もMCは30歳から50歳までMCを務め続けるはりけ~んずさん。このお二方にMCをさせておけば安心です。

1回戦8時間を3日連続MCやるとか、もうMCの鬼。R-1が色々変わろうとも、準決勝のMCは変わらないぜ!



1.ラニーノーズ山田健人(吉本興業 大阪)
恋人に作った曲をマンションの部屋で聞かせる折、隣の部屋からクレームが、っていう展開からのネタ。
歌ネタ王で「僕たちが出れる賞レースは歌ネタ王しかない!」って言っていたのですが、

ここで書きましたけど、やっぱりそんなことはなかった。
むしろギターと効果音と照明をうまく使い、正直ピン芸人かと思うくらいの完成度。上手すぎた!凄く作りこんでおられた・・・。
何故決勝行けなかったか分からないくらいの出来。トップバッターじゃなかったら行けたかもしれないと思ってます。

2.かが屋賀屋(マセキ芸能社)
女役しかしてない気がする賀屋さん。
部屋から帰った彼氏がいなくなった際におならをして、彼氏が忘れ物を取りに来るっていうネタ。
何が面白かったって、設定もともかく、一言一言、全く無駄が無かった。全部の言葉がボケに聞こえる素晴らしい展開。

3.土屋(プロダクション人力舎)
自転車競技部の優勝する間際のゴール終盤で自信の言動が全て田原俊彦になっていく、というネタ。
凄いところを突いてきた!っていうとんでもない設定が、何故だろう大爆笑をかっさらう!
老若男女楽しめそうなネタ。どんどん田原俊彦が彼に降臨する様は、多分知らなくても笑ってしまうでしょう。

4.Yes!アキト(サンミュージックプロダクション)
トップバッターのラニーノーズでドンとレベルが上がり、賀屋さんと土屋さんが決勝進出者、
そこを一発ギャグ連発のアキトさんが越えられるかっていうところがやっぱり難しかった。
凄くウケてました。一発ギャグと一発ギャグが全部単発ではなく、関連性をそこそこ持たせたり、フラグ回収なんかもしてたし。
ただ残念ながらちょっと当たり外れがあった気もしますし、さらに言っちゃうと、ツカミのギャグが若干爆発しなかった(花占いがバナナ)。

5.森本サイダー(松竹芸能 東京)
コント途中からフリップ芸に変わる特異なコント。
観客全員が思っていることをフリップで解説していっちゃう新しい形。
ここも決勝進出。なんとこの時点で3人が決勝進出するという異例のハイスピードの今年のR-1。
以降スベッた人、印象に残らなかった人はどんどん淘汰されていきます。

6.ママタルト檜原(サンミュージックプロダクション)
とにかく優しい男、という設定のコント。
前半中盤と凄く面白かったのですが、後半も面白かったのですが、
とりあえず最後は平坦でした。ボケの順番かなぁー。

(休憩)

7.Gパンパンダ星野(ワタナベエンターテインメント)
公認会計士の資格を持っている芸人さんが、ちやほやされる弁護士に嫉妬するコント。
面白かったのですが最初の1分がピークでもうちょっと展開が欲しかったところ。
公認会計士という職業が世に広まれるような活動と芸人活動が繋がるといいですねぇ・・・。

8.高田ぽる子(マセキ芸能社)
暗転中フリップを舞台中央に持っていく間に、フリップを落としてしまうというハプニングもあり、なかなか始まらなかったり。
芸歴2年目で女性芸人で下ネタで歌ネタをする度胸が凄い。私はちょっと引いてしまったのですがね・・・。
途中たてぶえのスゴ技を見せちゃうところ、将来性も抜群!拍手喝采!
面白いと思うか引いちゃうかは人次第、私は後者でしたが、決勝進出。

9.そいつどいつ市川刺身(吉本興業 東京)
自転車に乗ってダメ人間を演じる、過去のR-1で言うと岡野陽一さんタイプ。
自分のキャラをしっかり活かしていましたが、山が無く最後まで大きな笑いは無かった、あったかもしれないけど最初だけだった、そんな印象。

10.さきぽん(プロダクション人力舎)
泊まりに行った太った女性あるあるネタコント。
笑い待ちと、ボケのアクセントが残念ながら出来てなくて、演技に集中しちゃっていました。
お客さんが笑っている間は待ってほしく、ボケのワードじゃない余計なところで声が大きくなっていたり。
演技>BGM>ボケという感じ。バランス大事ねー。

11.徳原旅行(マセキ芸能社)
自分と自分のおじいちゃんが同じ大学へ行っている、という設定。
おじいちゃんが普通の大学生と同じように学生生活を謳歌しているっていうオチ一言で全部表せちゃう、過程にもうちょっとひと山欲しかったところ。
マセキ芸能者なのに関西弁なのねー。

12.金の国・渡部おにぎり(ワタナベエンターテインメント)
完全にやらかしてしまった。
最初の人ボケは凄かった!声のテンションも声優さんみたいで、これからどうなるんだろう!っていう期待しかなかった!
まさかネタが飛んで1分で終わってしまった。会場唖然。ポカーン。えぇー。

(休憩)
はりけ~んずさんからフォローがもちろん入ります。
「これが賞レースの緊張感!」
独特の空気を説明していました。
ある意味凍り付いてしまった会場を元に戻してくれるはりけ~んずさん。
次の芸人さんが出にくいですし、流石です・・・。6組ずつ中MCがあって良かったですね・・・。

13.吉住(プロダクション人力舎)
行ってはいけないほこらに化け物がいて、仲良くなるっていうお話。
凄くわかりやすい。本当にわかりやすい!同じボケを繰り返しつつ、だんだん話は大きくなっていき、
そして突如として現れる大ボケと裏切り!!!ドッカンドッカン!!!
完全にもう彼女の空気。完璧でした。裏切ってくるボケとセリフ!!!スゲェ・・・。

14.グータン森山(サンミュージックプロダクション)
コント・テツアンドトモのライバル。
絶妙のメロディーのパクり具合!ギターのテクニックも素晴らしかったのですがツカミの、
『昆布が海の中で出汁が出ないの』
はもうこすられ過ぎてて失敗したんじゃないかなぁー、と。

15.ケビンス仁木(吉本興業 東京)
視力検査ネタ。
この時点でどうしても全員の頭の中で陣内智則さんが出てくるはずで、それを上回るかがカギとなってきます。
正直そこに挑んでフリップ芸の強み、独特な方向からくるボケ、素晴らしかったと思います。
ただ一個一個がちょっと当たり外れがあった。「?」ってなるのが3個くらい。
ただクレヨンしんちゃんのくだりは頭揺らして笑えました。げんこつ!

16.独唱の塔天(吉本興業 大阪)
あれ?過去の準決勝で見た事ある!その時は全く印象が無かったのに、今回は素晴らしかった!
前回は一つ一つ何言っているか分からなかったのですが、
一つの一つのボケの後の心の声ツッコミみたいなフリップも素晴らしかった!
ただやっぱり平坦。後半に向けて盛り上がっていくかと思いきや、曲が長くなっていくボケが少なくなってしまいました。
そこでドカンと来れば・・・。これもボケの順番かと思います。たたみかけてほしかったです。面白かったですよ!

17.カベポスター永見(吉本興業 大阪)
世界で1人は言っているかもしれない一言。
一言ネタ。一つ一つ凄く面白かったのですが、これもまた展開が無く平坦。
意味が分からなく突拍子もないセリフばかりだったのですが、
「みんなゴメン。食べられる粘土、こっちだった。」
っていうセリフとして成り立っているところがドカンと来て、シュールなセリフは後半ピンと来ず。

18.kento fukaya(吉本興業 大阪)
フリップ3つ机3つフリップ入れ3つと、暗転中の始まるまでの準備が一番とてつもなく長かった、トリプルフリップストーリー、というネタ。
当然待たされたのでハードルは上がります。しかしながらそれを大きく飛び越える完成度!
全く無駄がなく、3つのフリップを最大限に活かして、使い方も様々。これはもう進化!
このネタをみんな見ずにR-1本戦が始まったら、絶対に最終決戦まで行くレベル。個人的には決勝進出じゃの中でも上位だと思いました。
ヒューマン中村さんの上位互換すぎる!(良い意味で)

(休憩・換気タイム)
トイレ行く人等、この時間へどうぞ。

19.田津原理音(吉本興業 大阪)
フリップ芸なんですけれど、漫談チック。
これ!これなんですよ私が求めていた分かりやすいやつ!
ウケる所でしっかりウケてあえて笑いを誘う術、職人・芸術の域!
何故落ちた!?個人的には完全に決勝行ったと思うレベルだったのですが・・・。
ベテランの貫禄。何故落ちた・・・(2度目)。

20.紺野ぶるま(松竹芸能 東京)
ネタ序盤でネタ中に地震が起きるという想定外のハプニング。
こればっかりはちょっと集中できなかった。何せ11階でしたから・・・。
御曹司にプロポーズされて、それに毒づく面白いコントだったはずなんですが、
後半ニットベストを推してきたところあたりからニットベストって何?ってなってしまってピンと来なくて。
集中できなかった自分も悪いかもしれない。地震もともかく、ニットベストって何?

21.寺田寛明(マセキ芸能社)
英訳のフリップネタ。どこかで何かの番組で見た気がします。
何が面白いって、ただのあるあるネタで終わらせることなく、その一つ一つのネタも、そのあとのフォローの言葉も全部面白かった!無駄がない!
わかるわかるっていう本当に世に出ていないあるあるっていっぱいあるんですねー。

22.4000年に一度咲く金指(ライジング・アップ)
兄の面接の練習をやってあげるけど、圧迫面接をするっていうネタ。
毒強いわぁ・・・。
ただメガネかけたら圧迫になって、とったら弟に戻る、っていう、後々考えるとワンパターン。
圧迫面接部分のイヤな上司が個人的にむかついちゃって笑えなかったです・・・。兄目線になっちゃった・・・。

23.西村ヒロチョ(吉本興業 東京)
説明不要、1回この人のネタを見た事あるならもうわかるであろう、ロマンティックネタ。
10年の集大成いうか、10年変わらないそのスタイルとキレは素晴らしかったのですが、
完全に敗退の原因はただ一つ。
音が大きすぎて、ヒロチョさんの声が小さい。
リハーサルでしっかり調整しておいてほしかったです。彼の声が音に完全にかき消されてました。
パチンコ屋かよ!と思うくらいのBGMの音量。面白いはずだったのになぁ・・・。

24.ZAZY(吉本興業 東京)
個人的に苦手なタイプのネタで、今までそんなに笑ったことのなかったZAZYさんだったのですが・・・、
まさかの4つのフリップと、その4つ全部オチで笑わせてくれるポイントを作ってくれて、完全に負けました!大爆笑しました!
なんなんだよ!!!なんそれ!!!!!本選で完全にインパクトを残すでしょう!優勝するかはともかく!
シュール過ぎるけど凄かった!進化してる!!!なんそれ!!!!!

(休憩)

25.ゆりやんレトリィバァ(吉本興業 大阪)
いつものボケ倒すゆりやんではなく、全てのモノの気持ちになってツッコみまくる新境地。
『それがしゃべるの?』
っていう発想が凄かったのですが、個人的には最後まで一辺倒で決勝へ上がれたのはちょっと意外な結果。流石に落ちたと思いました。
あまり印象残ってないんですよねぇ・・・。

26.マツモトクラブ(SMA)
マツモトクラブさんの集大成。路上シンガーとおじさんのコント。
という訳で、
今までR-1等で見てきた彼のネタのままで、過去に決勝行ったネタの方が面白く、
残念ながら芸歴10年以内の若い下からの突き上げに負けてしまった感。
そもそものボケの数が少なかったです。
自転車盗まれるのはわかっていて、やっぱり盗まれちゃって、オチ読めちゃったね・・・。

27.お見送り芸人しんいち(グレープカンパニー)
ギター一つで好きなものを発表していくいい曲かと思いきや、
子役から大御所芸能人まで毒づく、エッジの効いた、その人攻める!?っていうとこ好きー。
芸能人とかテレビに疎い人はちょっとわからなかったかもしれない。

28.シモタ(吉本興業 大阪)
モールス信号をフリップに起こして全部解読していくネタ。
後半はちょっとそれをモールス信号にしちゃうのは・・・、っていう無理やり感が。
漫才師としてのコウテイの方が10倍面白いと思うので、今年はM-1頑張ってほしいと思ってます。
FullSizeRender
M-1の時は投票もしましたし!

29.真輝志(吉本興業 大阪)
ビルの屋上から飛び降りる人がいっぱいいるというコント。
借金と恋人の2チームに分けていくというコント。
そしてマッチングしていくというコント。
っていう設定でなんとか持ちましたけど、一つ一つのボケが弱く、むしろボケというボケもあまりなく。
3チームか4チームに分けた方が良かったかも、と私なら作り替えちゃうかなーと思いました。

30.ヒコロヒー(松竹芸能 東京)
自殺を匂わせていいところ言わせて、それを聞きながら酒を飲むっていう『至福の時』っていうコント。
ヒコロヒーさん可愛いし好きだし、ちょっと贔屓目に見たいんですけれど、
残念ですけれど、サブとか使わないで1人コントした方が面白いと思うんですよねぇ・・・。
日常を切り取るところが面白いのに、
最後に大きなアッと驚く展開があったのに、そこでそれがウケなかった。
基本的に事前収録していた声を聞くだけの形なので、ヒコロヒーさんの良さが出なかった感。
・・・好きなんですよ、ホントに。ただごめんなさい、トリで出てくるには荷が重かった。
準決勝で見るのは初めてで、いつも紺野ぶるまさんの方が松竹から出てて、個人的に悔しかったのですが・・・。



以上です。



ここから座席ごとにコロナ対策で順番に帰らせるというアナウンスがあったのにもかかわらず、ずっと待たされる観客のストレスは溜まります。

待ちきれず席を立って帰る人も数人。そっちの気持ちも分かる。



芸歴制限大反対ではありますが、結果として楽しめました。

さぁこれがテレビになって、お笑いを好きじゃない人が見た時、見ている人にどう映るか。

心配です。



来年から芸歴制限撤廃してください。元に戻してください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ