ターキークエスト

お笑い・プロレス・聖闘士星矢・キン肉マン・モンスト・DMMバヌーシーなど。
興味のあることは試したり感じたりするのがモットー。趣味に人生を費やす。

お笑い。

準決勝と何が一番違ったって、

『笑い声』

だと思うのです。

いやもちろん芸人さんの良さをぶち壊す番組構成も悪手なのですが、やっぱりお笑いは『笑い』あってのもの。

準決勝でMCのはりけ~んずさんは、



「笑い声はオッケー!」



と言ってくれたのです。もちろん感染対策はバッチリした上で。

去年の無観客の方がスタッフの笑い声があったんじゃなかろうか。

今年は拍手だけで面白さが半減した気がします。

そう考えると『編集で笑い声を入れる今までのバラエティ番組』もあながち間違いではないと感じたマスクドターキーです。



何が一番いけないって、



コロナでしょ。

風が吹けば桶屋が儲かるじゃないですけれど、

コロナが無ければR-1が面白くなる、

もしっかり通ずるところが。



そろそろマスクしていれば笑い声はオッケー、がなんとなく許される世の中になってほしいです。

笑いってほら、呼吸と同じようなものじゃない?

笑いたい時笑って、泣きたい時泣くのがセオリー(?)じゃない?

映画館行って笑ったり泣いたりしたいし。そのための映画館だし。



何回も言うけれど、1年間頑張った芸人さんたちに拍手を!

芸歴制限を決めた番組制作サイドに喝を!!!



R-1ジャンキーとして悔しさの方が勝ってしまった初めての賞レースかもしれない。



折衷案として、



歴代R-1王者を集めたネタ番組をやってくれないかな。

1

絶対ベテランが必要だと思う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

全体通して面白くなかった感は全く持ってその通り。特上A5ランクのお肉を焼き過ぎてる。

全然お笑いライブじゃなかった!劇場の方が面白い!カメラ固定でいいのに!

なんでこういう構成にした!?

テレビ局の罪は重いと思うマスクドターキーです。

今日初めてテレビがネットに負けたと痛感しました。



去年マヂカルラブリーの野田さんが優勝した時より批判が多そう。

審査員の個性もコメントもほとんど失われているし、

何より芸人さんの個性を削ぐ音楽チョイス。

出囃子くらい盛り上げてよ!

バレる!は番組の最初と最後だけでいいのに!!!

この曲にも罪はない。良い曲!!!



面白くなるはずだったのにヤフコメとか荒れそうだ・・・。



来年から元に戻ることを願ってます。

わちゃわちゃやってほしかった。

おいでやす小田さんの両名もほぼ意味なかった・・・。

面白くなる要素満載なのに、番組構成でこんなに鮮度が失われるとは・・・。



ただ1年頑張った人たちに感謝!



なんそれ!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ